ドラッグストアなどで購入できる市販のハイドロキノンってあるの?

ドラッグストアなどで購入できる市販のハイドロキノンってあるの? 注目市販のハイドロキノンは超レアもの


2001年の薬事法の改正以降、それまでは医療機関でしか入手できなかったハイドロキノンが化粧品にも配合できるようになり、 ハイドロキノンを配合した化粧品というものが流通するようになりました。


今ではドラッグストアや一部店舗で市販されているもの、通販限定のもの、皮膚科でしか手に入らないものの3つの入手経路があります。


まず市販で購入できるハイドロキノンクリームですが、デルミサのスキンフェイドクリームがサンドラッグをはじめ、一部店舗で販売しています。 市販で購入できるものはこれぐらいです。(※美容液であればオバジHQやエピステームのハイドロキノン美容液が一部ドラッグストアや百貨店で購入できます。)


商品のラインナップが充実しているのは通販で、これは検索すれば通販限定のもの、個人輸入のものなどいろいろヒットすると思います。 厚生労働省が安全性の基準として推奨している濃度が2%以下、化粧品に配合できる上限が4%ということを頭に入れて商品をチェックしてみてください。


覚えておきたいのはハイドロキノンは濃度が高ければ効果があるという単純なものではないということです。 「劣化しやすいこと、浸透しにくいこと、刺激が強いこと」というデメリットがあるので、そうした弱点を克服した処方になっている高品質のハイドロキノンクリームを選ばないと思ったような効果は実感できないと思っておいてください。


医療機関向けのハイドロキノンについて

ハイドロキノンの副作用・使用上の注意点は? ドラッグストアやデパートなど小売店ではなく、皮膚科などの医療機関やエステサロン向けに卸している医療機関向けのハイドロキノンクリームというものもあります。


あくまで医療機関向けの専用化粧品なので、クリニックで販売されているといっても位置づけはあくまで化粧品であり、 配合しているハイドロキノンも上限の4%を超えるものはありません。


医療機関向けの専用化粧品というのは、私たち一般人には宣伝されることはないので、世間一般ではほとんど知られてない存在なんですが、 皮膚科で購入できることはもちろん、一部は通販で販売されていたりもします。


・セルニュー:HQスティッククリア
・プラスリストア:ナノHQクリームEX
・DRX(ロート製薬):HQブライトニング


お近くの皮膚科に尋ねれば取り扱っている医療機関向けのハイドロキノン化粧品を教えてもらえるかもしれません。紹介した3つは最寄りの皮膚科に電話して取り扱っているもの教えてもらったものです。


皮膚科の先生がいうには院内製剤するハイドロキノンのほうが効果は高いけれど、保存は化粧品のほうがしやすいとのことでした。また一部に熱狂的ファンがいて需要があって毎月買ってくれる人がいるから置いているということでした。 (※きっと肌との相性がいいんだろうね、とのことでした。)


あなたにぴったりなのは? ハイドロキノンクリーム<Best3>を発表!
Copyright © 2014 ハイドロキノン配合クリーム<Best3>~シミ&色素沈着にお悩みの方へ· All Rights Reserved·