ハイドロキノンとビタミンC誘導体は知っておくべき有効成分

ハイドロキノンとビタミンC誘導体は知っておくべき有効成分 注目美肌のための2大有効成分をチェック!


ハイドロキノンは美白肌を手に入れるための特効薬的な存在です。ただ、その強力な作用の裏返しとして肌への負担も強いので あくまで最後の手段として使うスペシャルな成分いう位置づけで考えたほうがいいかもしれません。


肌への負担を考えると、普段使いするものというよりはシミや色素沈着を消すために期間限定(3ヶ月が目安)で使うものかな?という感じがします。


では、普段の美白ケアではどんなものを使ったらいいの?ということですが、これはもう決まっていてビタミンC(誘導体含む)です。


その理由ですが、美白成分はたくさんあるんですが、ビタミンCほどマルチな効果を持つ美肌成分はないからです。美白に関係することでいうと、 「メラニン生成を防ぐ」「メラニンを還元する」「抗酸化作用で活性酸素を防ぐ」といった作用があります。


他にも「毛穴を引き締める作用」「皮脂分泌を抑制する作用」「肌内部のコラーゲン生成を促進する作用」「血行を促進して肌の新陳代謝を促す作用」 もあるので肌トラブルはもちろん、肌老化を防ぐのならビタミンCだけ使えば他のものはいらないといえるぐらい優秀な有効成分なんですね。


ただ、ビタミンCもハイドロキノンと同じく、成分として「劣化しやすく、浸透しにくい、高濃度になるほど刺激が強い」という弱点があるので 「安定化・高浸透・低刺激」というテクノロジーが搭載されているものでないと効果を実感するのはなかなか難しいかもしれません。

ハイドロキノンの効果を引き出すビタミンCの美肌作用

ハイドロキノンの副作用・使用上の注意点は? ハイドロキノン効果を引き出すためには美白成分が効きやすい肌の土台をつくる必要があります。 炎症が起こっていたり、バリア機能が低下していたり、キメが乱れている肌には美白成分は効きにくいからです。


そう考えるとマルチな美肌効果のあるビタミンCで肌を整えてからハイドロキノンを使うのが美白ケアにとってはベストな組み合わせといえます。


ビタミンCは水溶性ということで化粧水に含まれていることが多いですからビタミンC配合の化粧水で肌整えた後にハイドロキノンを配合した美容液やクリームを使うという流れが理想的でしょう。


よりビタミンCの効果を実感したいということであれば、高濃度ビタミンC美容液→ハイドロキノンクリームという順番で使うのがいいと思います。 ただ、弱点もあってそれは「ビタミンC×ハイドロキノン」の組み合わせは保湿がいまいちだということ。


そのため美容液を保湿力のあるものにするかハイドロキノンクリームの前後に保湿クリームを塗るなどする必要があります。 肌をしっかり保湿することも美白ケアには欠かせないステップですからね。


ビタミンCを配合した化粧水、ハイドロキノンを配合したクリーム、2つの成分の弱点を補う保湿力のあるクリームがラインになった セットがあればいいのになーと思ったらすでにありました。もちろん「安定化・高浸透・低刺激」の3拍子揃っているので安心して使えると思います。


「ビタミンC×ハイドロキノン×保湿」が揃った美白コスメって? 詳細
Copyright © 2014 ハイドロキノン配合クリーム<Best3>~シミ&色素沈着にお悩みの方へ· All Rights Reserved·