ハイドロキノンの美白作用って凄いの?

ハイドロキノンの美白作用って凄いの? 注目シミ消し・シミ予防にもハイドロキノンは効果大!


ハイドロキノンはメラニンに直接作用する非常に高い漂白作用のある美白成分です。今あるシミはもちろん、これから作られようとしているシミも同時に予防してくれます。


覚えておきたいのは、ハイドロキノンがメラノサイトへのメラニンの生成指令をブロックしたり、メラニンの排出を促すといった間接的に作用するものではなく、 メラノサイトへ直接作用してメラニン生成を防いでくれるということ。


さらにその効果というのがハイドロキノンと同じようにメラノサイトに直接作用するアルブチン、コウジ酸といった美白成分と比べて10~100倍の美白作用があるということです。 美白ケアにハイドロキノンが効果大なのはそういう理由からです。


表皮が盛り上がったようなシミ、真皮に沈着してしまったメラニンには効きませんが、 一般的な「老人性色素斑(紫外線によるシミ)・炎症性色素沈着(ニキビ跡など)・肝斑・そばかす」には一通り効いてくれます。


メラニンを排出するケアと併用することでハイドロキノンの浸透が高まり、 よりその効果を実感できるので自宅でのケアもAHAやBHA、レチノールといった肌のターンオーバーを促進する有効成分と一緒に使うのがおすすめです。


肌触りが柔らかいクリームが一押し!ハイドロキノン配合クリーム<Best3>

ハイドロキノンの副作用・使用上の注意点は?

ハイドロキノンの副作用・使用上の注意点は? ハイドロキノンはその強力な美白成分の代償として肌にかかる負担も大きく副作用があります。 濃度が高ければ高いほど副作用のリスクが高まるので注意が必要です。


ハイドロキノンの一般的な副作用には、以下のものがあります。


・赤くなる
・かぶれ
・ヒリヒリする
・皮膚炎(炎症)
・シミの悪化
・アレルギー症状


ハイドロキノンの濃度が5%を超えるようなレベルになると「白斑」や「褐色変性」といった重篤な副作用が起こることが 指摘されていますが、化粧品に配合できる限界の4%、さらには厚生労働省が推奨している2%以下の濃度であればまずそうした副作用は起こらないと思っていいです。


個人輸入やオークションを利用すると5%を超えるようなハイドロキノンクリームが手に入ることがありますが、 5%以上というのは副作用のリスクが増す濃度というだけでなく医師の処方箋が必要な濃度ですから医師との相談なしでは購入するのは止めたほうがいいです。


濃度以外ではハイドロキノンは非常に酸化しやすくベンゾキノンという刺激性成分を生成しやすいということで、それが炎症や赤みを生じさせる原因になっているケースがあります。 そのため安全性を考えると酸化しないように安定化処理されたハイドロキノンクリームを使うようにしたほうがいいでしょう。


なお、ハイドロキノンを使用中はメラノサイトの働きが低下するので紫外線に対して極端に肌が弱くなっている状態です。 紫外線対策を徹底しないと、シミがよくなるどころかむしろ悪化してしまう可能性もあるので注意してください。


安全性の高いハイドロキノンクリームは? <Best3>を発表!
Copyright © 2014 ハイドロキノン配合クリーム<Best3>~シミ&色素沈着にお悩みの方へ· All Rights Reserved·